実に日本人の9割ほどの人が生涯に一度は経験すると言われていて、一言に「腰痛」といっても症状は人それぞれなのです。

実は、腰痛の85%は原因が不明と厚生労働省は発表しています。

つまり、病院の画像所見(レントゲン・MRIなど)や検査では原因の追究が難しいということです。

その結果、病院や接骨院で電気をやったり、もらった湿布を貼っていてもなかなか腰痛は改善されません。

あなたは腰痛の85%が原因不明と言っている病院や接骨院に腰痛が改善できる余地があると思いますか?

病院で腰痛が治せないという事実に不安だと思います。

この先一生この腰痛と付き合って行かなきゃいけないのか?我慢して生活を送っていかないといけないのか?とお思いになられるかもしれません。

私はそんな腰痛の方々を一人でも多く救いたいという一心で整体院を開業しました!

そして、私は今までの臨床経験から腰痛の原因が患部に無いということがわかり、痛みの出ている場所を直接触らずに腰痛を改善する整体法を身につけました。

私が考える腰痛の原因とは筋・筋膜のコリやゆがみ、骨盤のゆがみ、内臓の問題と、大きく3つに分けられます。

これらの硬さを取り除き、位置や動きを調整することで腰痛の改善へと導いていくことができます。